一般社団法人 日本甲冑武具研究保存会

The Association for the Research and Preservation of Japanese Helmets and Armor

審査のご案内

1. 審査の範囲
・甲冑類
・弓具類
・馬具類
・その他(旗幟・捕具・指揮用具・合図用具・陣営具・小武器・付属具)
以上4項。

2. 審査段階

  • 重要文化資料
  • 甲種特別貴重資料(重要文化資料に次ぐ重要文化資料候補のもの)
  • 特別貴重資料(甲種特別貴重資料候補のもので鑑賞度高く資料としても優秀のもの)
  • 貴重資料(鑑賞、資料共にすぐれたもの)
  • 保存資料(資料として保存すべきもの)
  • 返却(資料的価値乏しきもの、改造甚だしきもの、または現代改造作品)
  • ※重要文化資料は甲種特別貴重資料の中から再度受付のうえ審査されます。

3. 受付点数
50点をもって締め切ります。
◎再審の場合は認定書を添えてお出し下さい。認定書のない時は新規扱いとします。
※鎧立、兜立をご持参下さい。
(受付点数はその年によって変更される場合があります)

4. 受付料及び審査料
こちらのページをご参照下さい。

5. 認定書
認定書の発行は審査後にリスト作成されてから送付されますが、
認定の段階によって日数が2~3ヶ月かかります。

6. 審査品の返還は審査当日を原則とします。

会員以外の方の御出品も歓迎致します。

審査ご希望の方はお電話、メール、Fax、お葉書のいずれかにて
当会事務局までお問い合わせください。

  • 甲冑武具審査会について
  • お申し込み方法
  • 料金について