一般社団法人 日本甲冑武具研究保存会

The Association for the Research and Preservation of Japanese Helmets and Armor

平成30年度東海支部総会のご報告

3月24日(日曜日)午後1時30分より八ツ面ふれあいセンタ−に於いて第26回東海支部総会を参加者14名にて開催しました。

 

議事は

・平成30年度事業報告並びに決算報告の承認について

・平成31年度事業計画(案)並びに予算(案)について

以上をそれぞれ審議し、承認されました。

また、今年で4回目となる”甲冑マイスタ-近づく大賞” と題しまして一年を通して会活動の参加・熱意・貢献度等を加味して発案者と賞品提供者である小川伸夫東海支部顧問が発表!

見事大賞に輝いたのは齋藤修寛 氏が選ばれ賞品の兜が進呈されました。続いて、特別に加藤宏之支部長を労い、本の進呈がありました。

その他として

・東海支部役員改正について

継続して加藤宏之 氏を支部長、監査役の石川智章 氏が退任され齋藤修� 氏を新しく監査役に迎え、その他役員は留任。

・全国総会開催について

5月25〜26日 東京都青梅市にて総会・見学会開催。

・新入会員の紹介

・各会員の意見交換

西尾市資料館にて展示協力「戦いの装いその九」開催について(11月開催予定)

三河武士のやかた家康館にて開催予定の甲冑・武具展示会展示協力について(11月開催予定)

など

 

以上の内容を話し合い、31年度の活動方針を決定し、閉会となりました。