一般社団法人 日本甲冑武具研究保存会

The Association for the Research and Preservation of Japanese Helmets and Armor

平成30年4月本部月例研究会のお知らせ

馬に乗るためには鞍(くら)・鐙(あぶみ)・轡(くつわ)等の様々道具が必要です。今回の研究会では鐙を取り上げました。日本列島では古墳時代から騎馬が行われてきましたが、今回は室町時代から江戸時代の鐙を使いながら、各時代の特徴や見どころをお話しいただきます。

銘 尾州清洲住長者町宗(家) 花押

 

テーマ:「初心者のための馬具講座(1)鐙(あぶみ)

日時:4月8日(日)午後2時~4時

講師:菅野茂雄氏(当「研究保存会」常務理事)

会場:水稲荷神社 参集室(水稲荷マンション1階)  新宿区西早稲田3-4-1

■東京メトロ 早稲田駅 徒歩9分   西早稲田駅 徒歩12分

■都電 早稲田駅 徒歩5分     面影橋駅 徒歩6分

会費:1,000円

担当:松本・棟方

※研究会での飲み物は、各自でご用意ください。ごみの持ち帰りにもご協力ください。

<新年度前期本部月例研究会日程>

5月13日(日) 午後2時から 内容未定

6月9日(土)~10日(日) 総会・見学会

7月8日(予定)午後2時から 内容未定