一般社団法人 日本甲冑武具研究保存会

The Association for the Research and Preservation of Japanese Helmets and Armor

三重県総合博物館 交流展 日本の甲冑・武器武具の世界  ~武家の装いを支えたモノづくりの伝統~

平成29年度文化庁 地域の核となる美術館・歴史博物館支援事業

アクティブラーニング手法による伝統的なモノづくり文化の次世代への継承事業

三重県総合博物館 交流展

日本の甲冑・武器武具の世界

~武家の装いを支えたモノづくりの伝統~

 

三重県総合博物館のHPでは、「武将たちの文化・美意識の象徴であり、実践に即した日本のモノづくりのすばらしい伝統の証でもある武具甲冑類を、その技術とともに紹介します。」と案内されています。甲冑の揃いの他、兜・胴・面具等に加えて、刀剣と刀装・陣羽織・弓具・鉄砲・馬標・指揮具・陣営具・捕物道具等と幅広い展示がされています。関連行事として記念講演会や近畿・東海支部合同見学会他が行われます。詳しくは三重県総合博物館のホームページをご覧ください。

開催期間 平成30年2月3日(土)~3月18日(日)

休館日  月曜日(ただし月曜日が休日の場合は火曜日)

観覧料  無料(ただし基本展示室は有料/一般:510円、学生:300円、高校生以下:無料)

主 催  伝統的なモノづくり文化の次世代への継承事業実行委員会

共 催  一般社団法人日本甲冑武具研究保存会 近畿・東海支部

三重県総合博物館

後 援  三重県博物館協会

協 力  特定非営利活動法人三重ドリームクラブ(高虎手作り甲冑教室)

 

1 記念講演会

テーマ  日本の甲冑 -歴史と変遷-

講 師  稲田和彦氏(京都国立博物館名誉館員)

日 時  平成30年2月3日(土) 午後1時30分~午後3時(予定)

会 場  三重県総合博物館レクチャールーム

対 象  小学生以上

参加費  無料

※ただし基本展示室の観覧は有料/一般:510円、学生:300円、高校生以下:無料

 

2 近畿・東海支部合同見学会

日 時  平成30年2月18日(日)午後1時~3時(予定)

集合場所 3階展示室入口

参加費  無料

※ただし基本展示室の観覧は有料/一般:510円、学生:300円、高校生以下:無料

対 象  当「研究保存会」の会員・一般市民

講 師  小林 良氏(当「研究保存会」参与)