一般社団法人 日本甲冑武具研究保存会

The Association for the Research and Preservation of Japanese Helmets and Armor

武道館主催「鏡開き式」への一般参加者募集について

募集要項

武道館主催「鏡開き式」参加者募集要項

鎌倉時代の出陣の様子を今に伝える、日本武道館主催新春恒例の「平成30年鏡開き式」の武者行列への参加者を募集します。中世甲冑に身を包み三献の儀、大将軍の楅槌(かけや)を用いた鏡開き等の後、太刀を佩き、弓・薙刀を持ち3軍に分かれて日本武道館を勇ましく行軍します。

「大河ドラマ」で使用される大鎧や胴丸を着用し太刀を佩き、箙を帯び、弓・薙刀を持つ等、他の時代祭などでは味わえない貴重な体験が可能となります。

開催日  平成30年1月8日(月)成人の日

会 場  日本武道館

集 合  午前8時30分

解 散  午後3時頃

参加費  高校生以上大人8,000円(鏡開き式冊子・武道館作成絵馬・弁当・お茶・お汁粉付)

小・中学生  3,000円(鏡開き式冊子・武道館作成絵馬・弁当・お茶・お汁粉付)

募集期間  平成29年10月23日(月)~11月20日(月)

応募方法  氏名・住所・電話番号・身長・体重・性別・年齢を明記し葉書またはメールでお申込み下さい。電話での応募は出来ません。

※身長・体重・性別・年齢により甲冑の大きさや威糸の色等を(株)高津装飾美術が準備の参考にします。

募集人数  10人程度(男女・小学生以上)

※応募者多数の場合は、抽選のうえ当落を11月25日ごろお知らせします。当選の方へは詳しい資料を郵送します。

着用甲冑  大鎧または胴丸か腹巻(小学生は腹巻か腹当)

着用甲冑は編成の都合があるため「保存会」へ一任願います。

申込先  一般社団法人日本甲冑武具研究保存会へ

〒162-0801 東京都新宿区山吹町350 鈴康ビル201

info@japanese-armor.org   03-6265-0856

注意 太刀・腰刀等の必要な小道具は全て(株)高津装飾美術が用意しますので私物は持ち込まないでください。