一般社団法人 日本甲冑武具研究保存会

The Association for the Research and Preservation of Japanese Helmets and Armor

東海支部8月セミナ−のご報告

8月20日(日曜日)午後1時30分より八ツ面ふれあいセンタ−に於いて、手入れ方法セミナ−を参加者10名にて開催しました。
まず手入れ方法として、担当の加藤宏之支部長が用意した赤錆が全体に出ていた鉄錆地筋兜を半分だけ手入れしたものを前に錆地の処理方法、漆表面の汚れが酷い場合として用意した胴の汚れの取り方実演などの加藤自己流を参加者に説明しました。参加者より保管方法、漆の剝離部分、補修方法など質問があり参加者で話し合い、会の名前のとおり甲冑武具類の保存活動に役立て、有意義なセミナ−となりました。