一般社団法人 日本甲冑武具研究保存会

The Association for the Research and Preservation of Japanese Helmets and Armor

平成29年全国大会のご報告

平成29年7月9日(日)小田原城址公園にて全国大会を開催しました。当日は梅雨明け前ながら晴天に恵まれ、全国より会員が集まり、招待者を含め51名の参加がありました。
小田原城総合管理事務所の佐々木健策氏による「小田原北条氏の文化と領国支配」についての講演会の後、小田原市主催、当保存会協力の 特別展「小田原城 武者揃え~戦の時代の装い~」 を西岡文夫副会長、 竹村雅夫専務理事の解説で見学しました。
この特別展は 本邦初公開の実戦期(戦国時代から江戸時代前期)の甲冑・刀剣を中心に
約50点が小田原城天守閣と 常盤木門SAMURAI館の2会場で展示され、誰でも楽しめるよう構成されています。
懇親会では、これまでの功労に敬意を表し、アンセウ・ヨウ理事ら3名に感謝状と記念品を授与し、また、 全国の全員同士が甲冑談義に花を咲かせ親睦を深め、充実した全国大会になりました。