一般社団法人 日本甲冑武具研究保存会

The Association for the Research and Preservation of Japanese Helmets and Armor

東海支部第24回総会のご報告

3月26日日曜日)午後1時30分より八ツ面ふれあいセンタ−に於いて第24回東海支部総会を参加者14名にて開催しました。

議事は
・平成28年度事業報告並びに決算報告の承認について
・平成29年度事業計画(案)並びに予算(案)について
以上をそれぞれ審議し、承認されました。
また、昨年から ”甲冑マイスタ−近づく大賞” と題しまして一年を通して会活動の参加・熱意・貢献度等を加味して発案者と賞品提供者である小川伸夫東海支部顧問が発表!
見事大賞に輝いたのは徳永 和仁 東海支部新監査役が選ばれ賞品の兜が進呈されました。
その他として
・全国総会開催について
  6月11日 東京水稲荷神社にて総会、7月9日小田原見学会開催。
・監査役交代について
   新監査役を徳永 和仁氏に、前監査役松尾 匡史氏を顧問。以上承認
・新入会員の紹介(1名)
・寄付、寄贈
  小川伸夫顧問より往復はがき60枚、加藤清正公推定復元パンフレット20部
・各会員の意見交換 
  東海支部独自に会員募集チラシ作成を承認
 など
以上の内容を話し合い、29年度の活動方針を決定しました。総会終了後、愛知県刈谷市野田八幡宮にて甲冑調査を行った調査報告書を披露。参加者に解説を行い、閉会となりました。