一般社団法人 日本甲冑武具研究保存会

The Association for the Research and Preservation of Japanese Helmets and Armor

平成28年12月本部月例研究会のお知らせ

中世の社会は「聖と俗」が強く意識された社会でした。そこで講師が製作した金剛寺の三鈷剣と銀銅蛭巻太刀の模造を使いながら、密教法具そのものの両刃の剣と、華麗な造りの片刃の太刀について、講師から歴史風俗の再現を目指した解説をしていただきます。

%e8%ac%9b%e5%b8%ab%e6%a8%a1%e9%80%a0%e9%8a%80%e9%8a%85%e8%9b%ad%e5%b7%bb%e5%a4%aa%e5%88%80

講師模造銀銅蛭巻太刀

テーマ「三鈷剣と銀銅蛭巻太刀」

日 時  12月17日(土)  午後3時~4時30分

会 場  水稲荷神社 参集室

講 師  上野修路氏(当会会員)

会 費  1,000円

担 当  松本・棟方

 

12月17日は研究会終了後、同会場でささやかですが忘年会を行います。ぜひご参加ください。用意するのはソフトドリンクのみです。お酒類は恐縮ですが各自ご用意ください。

時間 午後4時40分~午後6時30分   会費 2,000円(当日徴収)

参加希望者は1214日(水)までに事務局へメールまたは電話でお知らせください。

<会場所在地>

水稲荷神社参集室

■東京メトロ 早稲田駅 徒歩9分

西早稲田駅 徒歩12分

■都電 早稲田駅 徒歩5分

面影橋駅 徒歩6分

◇1月は「鏡開き式」開催のため本部月例研究会は開催しません。