一般社団法人 日本甲冑武具研究保存会

The Association for the Research and Preservation of Japanese Helmets and Armor

10月度本部月例研究会のお知らせ

  10月度本部月例研究会のお知らせ 『鞍』について

昨年は馬具シリーズの1回目として轡(くつわ)をテーマに研究会を開催しましたが、今回は第2回として「鞍」を取り上げました。
古墳時代に乗馬が日本列島でも始まりました。
武家にとって馬に乗ることは平安時代以降、欠くことのできないことであり、合戦では武士の働きを支えた大切な道具のひとつです。
そこで今回は、各種の馬具に造詣の深い当会の会員が講師となり、水干鞍(すいかんぐら)・軍陣鞍の違いや作成時代の見分け方など、実際に各種類の鞍を使いながらお話しいただきます。
現在、鞍についての解説書も少なく大変貴重な機会となります。会員各位の参加をお持ちしております。

――― 『鞍』 について -――

  月  日   10月24日(土)  午後3時~5時
  会  場   水稲荷神社 参集室 (社務所と会場が異なります)
          新宿区西早稲田3-4-1水稲荷神社マンション1F
  テ ー マ   「鞍」について
  講  師   菅野茂雄氏(当会常務理事)
  会  費   1,000円
  例会担当  松本・棟方

 会場案内地図

<会場所在地>水稲荷神社参集室
   東京都新宿区西早稲田3-4-1水稲荷神社マンション1F
   ■東京メトロ 早稲田駅 徒歩9分 西早稲田駅 徒歩12分
   ■都電 早稲田駅 徒歩5分 面影橋駅 徒歩6分

◇ 毎回の研究会をビデオカメラで録画したCDを1枚1,500円(会員限定)で発売しております。
  本部会員・各支部会員の方はぜひご購入ください。
  当日使用したレジメ・資料も併せて郵送いたします。
  ※ バックナンバー等は事務局へお問い合わせください。

― ― ― ― ― ― ― ― ― ― 

11月以降の予定(開始時間は午後予定)
 
 11/29(日)「南北朝の甲冑」 西岡文夫氏(当会副会長) 水稲荷神社 社務所 

 12/19(土)「イタリア・スティッベルト美術館、日本の甲冑展」ヨウ・アンセウ氏(当会会員)水稲荷神社社務所 
     
  ※12月は研究会終了後、同会場で忘年会を行います。