一般社団法人 日本甲冑武具研究保存会

The Association for the Research and Preservation of Japanese Helmets and Armor

東海支部2月セミナーのご報告

 2月22日(日曜日)、甲冑工房おがわにて『甲冑の記録方法(三具編)』を12名参加にて開催しました。11月セミナ−に引き続き小川顧問を講師に迎え、東海支部 福戸 亮 監査役所蔵の仙台具足から三具について各部位名称の説明が行われました。
 他に用意された三具を交えて説明され解りやすく、参加者各自、熱心に用紙に記録しておりました。
 一年を通して記録方法を行ってきましたが、参加者から次年度も記録方法についてのセミナ−開催を希望する声も聞かれましたので、数回機会を取り入れたいと思います。