一般社団法人 日本甲冑武具研究保存会

The Association for the Research and Preservation of Japanese Helmets and Armor

5月本部月例研究会のお知らせ

今年度最初の研究会は、目にする機会が少なく、関心のもたれることも少ない「脇当」を研究会のテーマとしました。
脇引ともいわれ、『平治物語絵巻』の中にも武者が脇当らしきものを付けた姿が描かれています。
また、江戸時代の村井昌弘著『単騎要略』では甲冑着用の説明のなかで掛脇引の名称で紹介されています。
小札・伊予札・板物・骨牌金など様々な種類がある脇当の鑑賞と併せて各時代の特徴を学び合う研究会としたいと考えています。
脇当をご所蔵の方は、時代と種類を問いません、ぜひ研究会へお持ちください。

日時:5月25日(日)午後2時から
会場:本部事務室
会費:1,000円
(非会員2,000円・会員紹介の場合初回無料)

※会員以外の方も事務局までご連絡の上、
是非ご参加ください。