一般社団法人 日本甲冑武具研究保存会

The Association for the Research and Preservation of Japanese Helmets and Armor

9月本部月例研究会報告

台風が上陸する中、九月例会は榎町地域センターで15日に開かれました。
午前中の豪雨から一転して午後は晴れて30名近くの盛会となりました。
中世「刀装」への興味の高さが分ります。

講師の上野修路氏が製作し持参された二腰の黒漆太刀の考証は
優れた技術に裏打ちされて当時の武士の精神性を
見事に再現していて感銘を受けました。
製作者が知りえる技術的困難さや
金物文様の意味がデザインだけでないこと、
漆の技法が近世以降と違い専門家にも理解されない等の解説に
会場は水を打ったようでした。

特に今までの解釈と違い、
七つ金が付いた帯取に長さの差がないことの意味に
一同から「なるほど。」の声が上がりました。
少し先になりますが、詳しくは会誌でご覧ください。

次回10月例会は、趣向を変えて「兜」」からひらめきを受けた
帽子作家のお話です。

9月例会-黒漆太刀-上野修路-日本甲冑武具研究保存会