一般社団法人 日本甲冑武具研究保存会

The Association for the Research and Preservation of Japanese Helmets and Armor

9月本部月例研究会報告

9月例研究会はまだ厳しい暑さの残る中、
榎町地域センター会議室において開かれました。

講師をお引き受け下された
甲冑師で当会の西岡専務理事が
ご自身作の「沢潟威雛鎧」(原品・宮内庁三の丸尚蔵館)を持参して、
なかなか目にする事の無い画像を映写しながら
時代の雛鎧、童鎧、童具足について仔細に興味深い話をしました。

時の権力者である武家が祈りのため、わが子のために作られた
雛、童の甲冑が如何に精巧に製作されているのかに驚かされました。
鉄、革、織物、組紐で作られる日本甲冑の美しさ、
精神の高さを改めて認識させられました。

スライドが終わり、室内が明るくなると
クーラーが利いているのに上気した顔が並びます。
会員以外の皆様にもこんな感動を是非お届けできたらと思います。
会費も学生の方には低く抑えています。
手前味噌ではなく是非のご入会をお勧めします。