一般社団法人 日本甲冑武具研究保存会

The Association for the Research and Preservation of Japanese Helmets and Armor

7月本部月例研究会報告

7月の月例研究会は、『鉄の芸術としての変わり兜を楽しむ』と題して
大変暑かった7月15日、30名を越す多くの方にお集まりいただきました。

変わり兜のなかでも、紙や練革等を用いた張掛鉢ではなく、
鉄(主に鉄錆地)で作られた30頭余の変わり兜を前に
講師の当会松本常務理事が解説しました。

武具という観点からは、
これらの兜は研究課題として実用性はどうかと考える人は
少なく有りませんでした。
しかし素直に見ればその手法、
芸術性は工芸品としてすばらしく
却って外国の方にコレクターされてきました。

これからは、甲冑ばかりでなく
日本文化を多方面から見て行かなければならないとの
指摘であったように思えます。

講師を始め多くの方々のご協力で実現した
目にする事の少ない「鉄造りの変り兜」展示解説という内容に
出席者の熱心な眼差しと質問のうちに
2時間がとても短く感じられた研究会でした。

来月八月は例会は夏季お休みです。

日本甲冑武具研究保存会本部月例研究会7月変わり兜 鉄 鉢