一般社団法人 日本甲冑武具研究保存会

The Association for the Research and Preservation of Japanese Helmets and Armor

7月本部月例研究会のお知らせ

7月の本部月例研究会は、一般の方も大変興味をもたれる
『形(変わり)兜の持ち寄り鑑賞会』です。

今回はテーマを決めて、変わり兜のなかでも、
紙や練革等を用いた張掛鉢ではなく、
鉄(主に鉄錆地)で作られた変わり兜を展示解説いたします。
会場は、多くの方が来られる事が考えられるので広く取りました。
講師の松本国彦常務理事に
そうした鉄造りの変わり兜(打ち出し雑賀鉢、切鉄や布目象嵌などを取り入れたものも含む)について
紹介して頂きます。

「変り兜」(正しくは、形兜-なりかぶと-ですがこの頃はこちらが多く使われています)は、
戦国時代から江戸時代にかけて高級武将の具足に添う兜として、
古作または上作在銘筋兜と共に珍重されました。
誰が見ても興味をそそられる変わり兜は外国のコレクターも多く、
現代の鉄のアートにも決して引けを取らない斬新な、鉄の芸術です。

いつもは博物館のガラス越しにしか鑑賞出来ないコレクションを間近で見られるチャンスです。
一般の方も事務局にご連絡の上、是非ご参加ください。

課題:鉄の芸術としての変わり兜を楽しむ
講師:松本国彦常務理事
日時:7月15日(日曜日) 午後3時30分より
会場:新宿区榎町地域センター 会議室
会費:1000円(非会員2000円)
※会員以外の方も事務局までご連絡の上、
是非ご参加ください。

7月本部月例研究会 日本甲冑武具研究保存会 変り兜