一般社団法人 日本甲冑武具研究保存会

The Association for the Research and Preservation of Japanese Helmets and Armor

3月本部月例研究会のお知らせ

3月の月例研究会は、元群馬県立歴史博物館副館長で、
上州系兜鉢の研究をされている平野進一氏をお迎えして、
「上州住業重作・同「康重」作」小星兜二例を紹介すると共に
特徴とその背景をご説明していただきます。
当会では、この分野を同じくされている
永田理事が協力しての講演となります。

当日は「成重」在銘の太刀を永田理事が持参して、
銘振りにより鉢製作者同人と考えられる事から
兜鉢の作者は果たして専業だったのかも併せて考証します。

比較のためにもご所蔵の上州系兜鉢(特に成重銘)をご持参ください。
会員以外の方も、このような専門分野の研究に接する少ない機会を逃さないよう
是非ご参加ください。

課題:上州住「業重」・「康重」作 小星兜の紹介
講師:平野進一先生・永田仁志理事
日時:3月25日(日)
午後2時より
会場:水稲荷神社社務所
〒169-0051
東京都新宿区西早稲田3-5-13
(高田馬場駅より早大学バス「西早稲田」下車)
会費:1000円(非会員2000円)
※会員以外の方も事務局までご連絡の上、
是非ご参加ください。

日本甲冑武具研究保存会 3月本部月例研究会