一般社団法人 日本甲冑武具研究保存会

The Association for the Research and Preservation of Japanese Helmets and Armor

12月本部月例研究会のお知らせ

今年最後の研究例会として、
靖國神社「遊就館」と協賛で、名作「刀剣・甲冑展」展示見学の後、
館内第二映像室にてシンポジウム『戦国時代戦場の意匠』を開催します。

当日館内に入場されている方は、無料にて参加できます。
館所蔵のお品(俗に言われる七騎具足も館のご厚意で陳列いたします)他を
実見してのシンポジウムですので、ふるってお集まりください。
皆さんが普段、疑問に思われている戦国武将の出で立ちに付いて
ご意見、ご質問を遠慮なくお述べください。
戦国武者が戦場で自己アピールするために
どのような意匠があったのか認識を深めたいと思います。

―スケジュール―
2:00pm ギャラリートークによる展示見学
2:40pm 見学終了

2:50pm 第二映像室に移り(一般客の方公開)講演『変り兜とは』
講師-竹村雅夫常務理事

3:50pm シンポジウム・課題「戦国時代戦場の意匠」
5:20pm 終了

日時:12月11日(日)午後2時~
会場:靖國神社 遊就館 特別展示室前
会費:1,000円(会員)
2,000円(非会員)
※会員以外の方も下記事務所までご連絡の上
お気軽にご参加ください。

日本甲冑武具研究保存会事務局
〒162-0801
東京都新宿区山吹町350鈴康ビル201号
Tel&Fax : 03-6265-0856
mail : info@japanese-armor.org
(受付時間 月曜~金曜 10:00~16:00)

遊就館所蔵、名作「刀剣・甲冑展」より
遊就館所蔵 名作「刀剣・甲冑展」より