一般社団法人 日本甲冑武具研究保存会

The Association for the Research and Preservation of Japanese Helmets and Armor

9月本部月例研究会報告

今月、9月例会は、展示スペースを確保するため
事務所近くの「榎町地域センター」の1室に急遽、変えて開かれました。
事前の通知に変更があったことを例会担当としてお詫びします。

それでも参加者は22名で、
集まった「面頬」は50面以上で、盛会となりました。

あまり研究の進んでいない小具足の中でも
多くの数が残っている「面頬」について研究討論会を開くことにしました。
この「面頬」という名称も本来、「総面」と同義で、
総体を指すには、俗称ながら「面具」と言うと研究書にあります。
しかし、なかなかニュアンスが伝わらなく、例会通知には、この名称を使いました。

顔面のための防具として装飾性もあり、いろいろな形を見ます。
形態については今まで詳しく分類はされていても
時代的にはどうなのかを述べたものは少なく、そこで今回考えてみました。
まだ第一回ですので、時代判定までには遠く、出されたいろいろな意見の検証は、
これからの事として進めていきます。

今回少ないながら成果として、頬にある緒便の折釘やフックで取り外しのできる「鼻」は
古い面具には無い等、数種の判断基準が認識されました。
皆さんもお気付きの点があれば、ぜひ会にお寄せください。