一般社団法人 日本甲冑武具研究保存会

The Association for the Research and Preservation of Japanese Helmets and Armor

4月本部月例研究会報告

大震災後、3月の例会が中止になり、
4月例会が初めてとなった。

課題として当世具足を装着して馬に乗った場合に
何が起こるのかを検証した。
震災でご自身厳しい被害を受けながらも、
「相馬野馬追い」に深く関わり、装蹄士でもある
菅野茂雄氏が快く講師を受けてくださった。

木馬は、本会のかつての本部でもあった新宿区早稲田、
水稲荷神社のご厚意で流鏑馬の練習に使う木馬を借りて
本物の江戸時代具足を着用して、これも実物日本古式馬具を着けて順次、
講師から説明を受けた。

詳しくは会誌報告をご覧頂きたいが、
武士が戦闘に加わるとき、馬の存在は中世初頭の戦闘そのものに使うことも含め、
何より馬が甲冑武者を早く移動させる最上の手段であった。

どちらから乗るかに始まり、乗ってからは、気を遣うのは、
草摺のさばきで慣れれば自然と鞍から外すことが出来るが、
それでも正中の板はかなり傷むとの話や
手綱は上に引くと馬は、上を向いて操縦が利かないなど興味津々で、
参加者からの質問は重なり予定を30分過ぎての終了となった。