一般社団法人 日本甲冑武具研究保存会

The Association for the Research and Preservation of Japanese Helmets and Armor

本会の概要

※ 本サイト内に使用されるすべての画像・文章を許可なく転載、複製、引用、加工等、如何なる目的のためでも一切を禁止します。

日本の甲冑(鎧兜)は金工・漆工・染織などの技術の集成で、
各時代の最高水準の技術をもって作り上げられた世界に誇れる美術工芸品です。
また、それらを造った甲冑師と、着用した武将の魂の籠められた、伝統ある文化遺産です。

本会はそれらの甲冑を中心に、馬具・陣羽織・旗幟・指揮具など武具全般を対象にした研究と、
後世に伝えてゆくための保存活動を行うとともに、愛好する会員たちの親睦の集まりでもあります。
1961年の創設以来、わが国で唯一文部科学省による社団法人(旧)の認可を受けた甲冑武具の研究団体として海外でも認知されています。
これまでに、全国各地や欧米での甲冑武具展覧会を開催、また協力してきており、
甲冑武具審査を行い認定書を発行するなど、研究、保存活動においても数々の実績があります。